メネス幼児学園
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山4丁目16-16
TEL:03-3300-1673
FAX:03-3300-8559
教育理念
start
指導内容
才能教育幼児学園才能教育研究会本部の教材により授業します。卒業生知能指数は非常に高く、小学校に入っても最優秀な成績を上げています。
小学校入学後はトップの人が多いのです。

指導内容
end
本学園の一般教育方針
体育   飛び箱・鉄棒・マット・なわとび・体操・その他
言語   会話・話し方・きき方・ことばさがし・本を読む
記憶   俳句・詩・紙芝居・童話
観察   自然観察・視聴観察
算数   数遊び(種々)・暗算
書き方  鉛筆の訓練・(線書き・数字・その他)
社会   自立と集団生活の躾け
行動   敏感な行動力を養う
音楽   リズム・歌・美しいメロディを聞く・リトミック(総合)

※バイオリン指導は別科です
「鉛筆の線がきで集中力を」
子どもは集中力があるからこそ能力が伸びます。
何かに集中してそのことをやり遂げる。やり遂げれば、自信が当然わいてきます。
幼児学園では、鉛筆で線がきをさせることによって子どもたちに集中力をつけさせる訓練をずっと以前から行っており、たいへん効果をあげています。
ただ、集中力をつけるというだけではなく、曲線や直線を自在にかけるということから、絵や文字をうまくかけるようになる素地を養うこともできるのです。
「運動 跳び箱」
幼児学園では、小さな子どもも大きな子がやるのをみていつか恐怖も消え次第に勇気づけられ、やりはじめます。
そして、一度できたら自信がわいて何度も繰り返すようになるのです。
と、同時に、子どもたちは、自分の順番を待つとか決まりを守るという社会性を養うようになります。
「かるた・反復学習」
幼児期は記憶力の伸びるピークなのです。
そして、記憶力は、すべての能力を育てるのにもっとも必要なのです。
なぜ、記憶力に俳句カルタかというと、5・7・5の韻律は、幼児が記憶しやすいこころよさをもっているからなのです。
俳句カルタでは、毎日、最初に教えた句から全部言わせて能力をつくっていきます。
必ず前に覚えたものを繰り返します。
子どもたちの集中力の続く限り今まで覚えた句の反復訓練を毎日行います。
すると、だんだんと記憶する力が強くなっていくのです。
初めは、十回くらい繰り返さないと一つの句を覚えなかったのが、2学期ころになると3、4回で覚え始め、3学期になると早い子では1回で覚えてしまいます。
卒園までに、100句を全部暗記してしまいます。
一挙にできことではなく、一句覚えさせてその土台の上に次の一句、二句の土台の上に、次の一句をというふうに自然な累積のうちに繰り返して」いく方法によって驚異的なことも成し遂げられるのです。
start
園長先生より「鈴木鎮一先生おすすめの言葉」
才能教育法による幼児学園が東京にあるとうことは私として心からの喜びです。どの子も育つ育て方ひとつ、心も能力も生まれつきではない。育て方一つであるということを社会に訴え続けて50年……ノーテストで受け入れどの子も育つ事実を証明しつづけてきました。私共の松本での幼児学園は、四年先まで満員です。25回の卒業園児の知能指数平均は、174という結果でした。日本語を自由自在に話し、優れた能力に育つあなたのお子様、日本中の子供達、その育てる原則を掴んで育てれば皆、立派な優秀な子供に育てることが出来るのです。

この信念と教育法の実験、実証の場として、東京にはじめて松本と同じ教育法の幼児学園が生まれたわけで、私として本当にうれしいことで、私共と共同研究で行く予定です。

昔から「三つ児の魂百まで」と申していますが、小学校に上がるまでの幼児期に、子供の能力も、躾も、そして性格まで、すべてが作られてしまいます。

この一生の基礎をつくる大切な時期に、今あなたのお子さんがおいでになるわけです。言葉の話せる以上、あなたのお子さんは優秀な頭脳の持ち主です。子供は親達が考える様に決して用地ではありません。それどころか大人にはない環境に適応していく敏感な感覚の持ち主なのです。つまりそれだけ幼児は無限の可能性に富んでいると申されましょう。

その意味で、私はどの子供にも常に尊敬の念をもっております。

子供の運命は、親の自覚と実行できまります。

この幼児学園は一般の幼稚園ではありません。子供の能力を育て、健康で、美しい心を立派に育てようとしているわけです。
end
詳しく読む
メネス幼稚園では才能教育法による幼児学園で、
申し込み順によるノーテストでの
受け入れを原則としています。
詳しく読む
それぞれの可能性を引き出し、
豊かなお子様に育てることを掲げています。